社長および店長ご挨拶

社長ご挨拶

早田社長

クラシックカメラの伝道師こと早田清です。私は早田カメラ店(有限会社 フォトバザール・ジャパン)でクラシックカメラの販売をいたしております。早田カメラ店は親父の代から数えて今年で52年目を迎えました。そして私は30年以上にわたり、クラシックカメラの発掘・普及に心血を注いでまいりました。

年に数回、仕入れのためヨーロッパを訪れるようになって17年。いまだに、初めて見るクラシックカメラを見つけると、まるで宝物を見つけたように脈が早鐘を打ちます。値段交渉のときは、少しでも安く買い取るべく頭を巡らせ、狙いよりも安ければ、相手に悟られまいと笑顔をこらえ、つたない語学力でがんばって仕入れております。

ある時はロンドン郊外の学校の講堂で開催される、小さな中古市で。またある時はパリの小さな公園で、いろいろなアンティークと共にちょっと面白いクラシックカメラを持ってくる露店商の店で。はたまた、世界的に有名なクリスティーズのオークション会場で、並みいるコレクターと競い合ってせり落としたり、と仕入れの舞台もさまざまです。

このようにして仕入れてきたカメラはすべて分解し、オーバーホールをしてから販売いたしております。きちんと撮影できる状態でカメラをお客様にお渡しすることが、カメラ屋としての責任であると考えております。カメラの整備の技術は独学で研究して参りました。すでに修理を行ってきたカメラは国内外4,500種類を越えました。お陰様でお客様からの長年の信頼を得て、楽しく商売を続けております。 こうした中で、お客様からカメラの修理をお願いしたいという相談をたいへん多くお受けするようになってまいりました。しかしながら早田カメラ店は家族経営の小さな店で、私がカメラの販売と修理の受付の両方に対応することは物理的にも時間的にも無理でありました。このため修理のご依頼はお断りしてきたのです。

しかし3年前、私のお客として長年のおつきあいがありました根本が、クラシックカメラの修理の現状に危機感を抱き私に相談にまいりました。そしてその結果として、それまでの仕事を辞め私と共にクラシックカメラの修理専門店であるハヤタ・カメララボを設立することとなったのです。

ハヤタ・カメララボでは、お客様のカメラを最高の状態にするべく各種のメンテナンスをお受けすると共に、お客間がクラシックカメラを楽しむために必要な様々なサポートを行っていくことを目的といたしております。メンテナンスについては、写真機はあくまでも写真を写す道具。たとえその機種に合ったフィルムが入手困難であっても、撮影できるように、必要な分解調整は施します。しかし、どのカメラやレンズも独特の面影は大切に、できる限り製造当時の姿を変えることがないようにしたいと考えております。

数十年も前のカメラだから、数十年前のような味わい深い写真が撮れる、などと単純にはなかなかいきません。けれど、いずれも時がゆるやかに流れていた時代の品々です。私が育てた職人たちが、その手で組み立て、目で測り、自分の持てる技術をおしみなく駆使して仕上げてまいります。

このハヤタ・カメララボでメンテナンスされ最高の状態となったカメラで、のんびりと楽しい思い出の一枚を写していただければ、クラシックカメラを愛するものとしてこの上なき幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

平成14年11月
有限会社ハヤタ・カメララボ 社長 早田 清

店長ご挨拶

portrait_tencho

2002年11月弊社社長早田と共にこのハヤタ・カメララボを立ち上げてから、早いものでまもなく15年を迎えようとしています。ハヤタ・カメララボを設立した頃はまだフィルムカメラ全盛で、クラシックカメラブームも頂点を極めていました。自分がコレクションしたカメラやレンズの修理・メンテナンスに困り果てていた私は、同じ問題を抱えているに違いないクラシックカメラ愛好家の皆さんのお役に立てることも確信し、早田に相談してこの仕事を始めました。

その後急速にデジタルカメラが普及し、フィルムカメラを製造するカメラメーカーも世界に数社という状況になり、フィルムや感光材料の入手もどんどん難しくなっていく中で、弊社はお陰様で事業を継続して行うことができております。ひとえに弊社の会員の皆様のご支援のたまものと、深く感謝いたしております。

これからも引き続きクラシックカメラ愛好家の皆さんのお役に立てるよう、地道に努力して参ります。どうぞ末永くよろしくお願いいたします。

平成29年4月
有限会社ハヤタ・カメララボ 取締役 根本 泰人

コメントは停止中です。